千代田区、四谷の相続税の基礎控除をはじめとした事業承継に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「事業承継」税務相談・無料相談・電話相談

相続税の基礎控除をはじめとした事業承継に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の相続税の基礎控除をはじめとした事業承継に関するご相談をお受けしております。

「事業承継」税務相談・無料相談・電話相談

相続税の基礎控除

相続税の基礎控除
相続税は被相続人が所有している財産を相続するときにかかる税金ですが、相続税は被相続人が所有していた財産すべてにかかるものではありません。相続税には基礎控除というものがあり、基礎控除の範囲内では、相続税は非課税となります。そのため、基礎控除がいくらあるのかということを把握しておくことがまず必要になってきます。

戻税

戻税
一度納付された税額を払い戻す制度。

事業承継

事業承継
事業承継の難しさは、2代目の社長は先代のコピーではダメだということです。現在の経済環境では単に事業を承継しただけでは、会社の継続は困難です。場合によっては、息子さんではなく第三者に会社を預けることも念頭において考えなくてはならない厳しい時代です。

相続放棄

相続放棄
相続放棄は、相続が開始してから3か月の熟慮期間中に家庭裁判所に申述しなければなりません。

青色申告

青色申告
租税の申告の方式の一つで、青色の申告用紙で行う物です。

確定申告書

確定申告書
所得税や法人税などの確定申告を行う申告書

孫に遺産相続するには

孫に遺産相続するには
民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子(第1順位)、被相続人の親(第2順位)、被相続人の兄弟姉妹(第3順位)と順位が決まっています。孫は法定相続人として規定されておらず、第1順位たる子が死亡していて代襲相続した場合など、特定の場合にのみ相続人となります。

事業所得

事業所得
農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業(範囲は所得税法施行令(昭四〇政九六)で定められる)から生ずる所得。

仕入税額控除

仕入税額控除
仕入税額控除の適用を受ける場合には、課税仕入れ等の内容及び取引価額等を記録した帳簿又はこれらが記載された請求書等の保存が必要とされる(消税三〇)。

財形制度

財形制度
勤労者財産形成促進制度の略

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 税務申告

    税理士法人漆山パートナーズは、税務調査の立ち会いまで顧問税理士としてサポートしています。
  • 遺贈 相続

    遺贈 相続とはどう違うのでしょうか。
  • 後継者育成

    税理士法人漆山パートナーズのマネジメントサポートプログラムでは、 ■専門家による定期...
  • 配偶者控除

    所得税法上、所得が一定額以下等の要件に該当する配偶者を有する者について、その者の所得...
  • 再婚 相続

    再婚した場合の相手の連れ子は、養子縁組をしなければ相続人ではありません。
  • 平成30年7月成立の法...

    2018年(平成30年)7月、超高齢社会に直面する現代の社会に対応するため、相続法が...
  • 期限後申告

    申告納税方式による租税の納税者は法定申告期限までに納税申告書を提出しなければならない...
  • 遺産贈与税

    相続税・贈与税(遺産贈与税と呼ぶ方もいます)については、税理士法人漆山パートナーズに...
  • 分割協議

    財産の調査が終わり、各相続人が「単純承認・限定承認・相続放棄」のいずれかを選択した後...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相続税の基礎控除をはじめとした事業承継に関する知識、手続についてご紹介しています。相続税の基礎控除をはじめとした事業承継に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続税の基礎控除をはじめとした事業承継の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。