千代田区、四谷の遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「遺言 内容」税務相談・無料相談・電話相談

遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容に関するご相談をお受けしております。

「遺言 内容」税務相談・無料相談・電話相談

遺産分割協議書の作り方とポイント

遺産分割協議書の作り方とポイント
遺産分割協議書の作り方には、ポイントがあります。■記載しなければならないポイント

相続人

相続人
「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。

遺言 内容

遺言 内容
税理士法人漆山パートナーズは、「遺言 内容」のご相談にこれまで豊富な経験がございます。ご相談者にとって真の意味での解決策を多方面から検討し最適な方法及び税務業務の提供をお約束します。

遺産分割「協議書」と何がちがうのか

遺産分割「協議書」と何がちがうのか
遺産分割協議書と遺産分割協議証明書の差異を確認しましょう。

遺産相続の手続き

遺産相続の手続き
相続においては、誰が相続人で、各相続人が遺産を相続するかどうかを決めて、遺産の分割を相続人全員で、話し合って決めなければなりません。

遺産分割協議証明書等が求められる手続き

遺産分割協議証明書等が求められる手続き
遺産分割協議証明書などが求められる手続きには、以下があります。

相続協議書

相続協議書
相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて)の調査をして相続人全員の合意が得られた場合、その合意の内容を正式に作成するのが、遺産分割協議書となります。

検認

検認
遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類がありますが、そのうち公正証書遺言以外の遺言書に関しては、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、内容の確認と開封を請求する必要があります。

孫に遺産相続するには

孫に遺産相続するには
民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子(第1順位)、被相続人の親(第2順位)、被相続人の兄弟姉妹(第3順位)と順位が決まっています。孫は法定相続人として規定されておらず、第1順位たる子が死亡していて代襲相続した場合など、特定の場合にのみ相続人となります。

遺産分割協議証明書のメリット

遺産分割協議証明書のメリット
■遺産分割協議証明書のメリット

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 事業再生

    経営不振で資金繰りが破綻し銀行への返済が滞りそうになったら、まずは、銀行に対して事業...
  • 遺産相続権

    遺産相続権についてご説明します。
  • 株式移転

    株式移転は、既存会社が、単独または複数で、完全親会社(持株会社など)を設立するための...
  • 土地の評価

    相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した土地や家屋を評価する必要...
  • 株主優待

    株主優待は、株式会社(上場企業)が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株...
  • 自動車の相続

    相続財産の中に自動車が含まれている場合には、相続人は相続した自動車の名義変更する必要...
  • 戸籍 相続

    相続人を確定するために、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式が必要となります。
  • 記帳代行

    会計業務の基本である記帳業務、経理部門がない会社でも会計事務所に任せることで滞りなく...
  • 相続 必要書類

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容に関する知識、手続についてご紹介しています。遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
遺産分割協議書の作り方とポイントをはじめとした遺言 内容の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。