千代田区、四谷の相続 必要書類をはじめとした相続財産に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「相続財産」税務相談・無料相談・電話相談

相続 必要書類をはじめとした相続財産に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の相続 必要書類をはじめとした相続財産に関するご相談をお受けしております。

「相続財産」税務相談・無料相談・電話相談

相続 必要書類

相続 必要書類
相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

相続税と贈与税の違い

相続税と贈与税の違い
【相続税と贈与税では課税対象が異なる】相続税と贈与税の違いは、課税される対象が相続により取得した財産か、それとも贈与医より取得した財産かという点にあります。相続とは人の死亡に伴ってその人の有していた権利義務を他者が承継することを指します。また、贈与とは民法第549条の贈与契約、すなわち、無償で財産を譲る渡す契約のことを指します。

なぜこのような書類が必要なのか

なぜ、各種相続手続きにおいて、遺産分割協議証明書などが必要になるのでしょうか。

遺産分割協議証明書等が求められる手続き

遺産分割協議証明書等が求められる手続き
遺産分割協議証明書などが求められる手続きには、以下があります。

遺産分割協議書の作り方とポイント

遺産分割協議書の作り方とポイント
遺産分割協議書の作り方には、ポイントがあります。■記載しなければならないポイント

遺産分割協議証明書のメリット

遺産分割協議証明書のメリット
■遺産分割協議証明書のメリット

みなし相続財産

みなし相続財産
相続税において、相続又は遺贈によって取得した財産ではないが、実質的にはこれと同じものであるため、相続又は遺贈により取得したものとみなして課税の対象とすることとされている財産等。

相続回復請求権

相続回復請求権
相続回復請求権とは、実際には相続人でない人(=表見相続人)が相続人であるかのように振る舞い、相続財産を占有している状態の時に、本当の相続人(=真正相続人)が相続財産を回復する請求を行なうことができる権利のことをいいます。

遺産相続 所得税

遺産相続 所得税
遺産相続 所得税については、相続により財産を取得した個人が、相続の開始があった日の翌日から相続税の申告書の申告期限の翌日以降3年を経過する日までの間に、その相続財産を譲渡した場合には、その譲渡所得の計算上、譲渡した相続財産に対応する相続税額も、取得費として控除できます。

遺産分割協議証明書の利用が適しているケースとは

遺産分割協議証明書の利用が適しているケースとは
■遺産分割協議証明書の利用が適しているケース

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 相続 限定承認

    限定承認とは、相続の承認方法の一つです。
  • 企業合理化促進法

    一般に、営業的組織体についての一個独立の物権的権利で、営業権ともいう。
  • 遺贈 相続

    遺贈 相続とはどう違うのでしょうか。
  • 安定配当

    安定配当は、企業から株主に支払われる1株あたりの配当金、または配当性向が長年にわたっ...
  • 決算報告書

    決算の最終手続として作成される書類を総括する用語であるが,具体的には,商法では計算書...
  • 遺産相続 孫

    孫は遺産相続の権利はあるのでしょうか? 孫の遺産相続についてご説明します。
  • 相続税 非課税

    相続税の改正に伴い、相続税がかからない非課税とされる金額(=基礎控除額)が減額されます。
  • 記帳代行

    会計業務の基本である記帳業務、経理部門がない会社でも会計事務所に任せることで滞りなく...
  • 起業損失

    道路事業等の事業の実施によって生じる損失。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相続 必要書類をはじめとした相続財産に関する知識、手続についてご紹介しています。相続 必要書類をはじめとした相続財産に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続 必要書類をはじめとした相続財産の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。