千代田区、四谷の配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「遺贈 相続」税務相談・無料相談・電話相談

配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続に関するご相談をお受けしております。

「遺贈 相続」税務相談・無料相談・電話相談

配偶者居住権

配偶者居住権
超高齢社会に直面する現代社会に対応するため、2018年7月に相続法が大きく改正されました。改正点は多岐にわたりますが、その中でも特に重要な改正とされているものの一つに「配偶者(短期)居住権の創設」があります。

みなし相続財産

みなし相続財産
相続税において、相続又は遺贈によって取得した財産ではないが、実質的にはこれと同じものであるため、相続又は遺贈により取得したものとみなして課税の対象とすることとされている財産等。

相続税の申告

相続税の申告
相続税の申告は、相続の発生から10ヵ月以内に行う必要があります。滞りなく申告を済ませるために、各種の手続きを迅速に行うことが必要です。

遺贈 相続

遺贈 相続
遺贈 相続とはどう違うのでしょうか。

特別受益

特別受益
特別受益とは、共同相続人の中に被相続人から生前に遺贈や贈与を受けた人がいる場合に、その遺贈分・贈与分を相続財産として計算し、各相続人の相続分を算定する制度のことをいいます。

平成30年7月成立の法改正で相続にどう影響するか

平成30年7月成立の法改正で相続にどう影響するか
2018年(平成30年)7月、超高齢社会に直面する現代の社会に対応するため、相続法が大きく改正されました。

死因贈与

死因贈与
相続 死因贈与とは、贈与をする人と贈与を受ける人との間で、「贈与する人が死亡した時点から、指定した財産を贈与する」という契約を結び、財産の贈与を行なうことをいいます。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 事業再生

    経営不振で資金繰りが破綻し銀行への返済が滞りそうになったら、まずは、銀行に対して事業...
  • 形見分け

    形見分けとは、故人の愛用品や思い出のものなどを近親者や友人などに分けるもので、故人と...
  • 配偶者居住権

    超高齢社会に直面する現代社会に対応するため、2018年7月に相続法が大きく改正されま...
  • 家 贈与

    マイホーム又はマイホームを購入するための資金を夫婦間で贈与した場合、贈与税の特例を適...
  • M&A

    M&Aを幅広く活用することにより、相続や事業承継対策、又は事業基盤の強化などを積極的...
  • 相続対策

    相続トラブルを防ぐには、生前に遺言書の作成行っておくことが最も有効です。また、相続税...
  • 相続税 基礎控除

    相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。
  • 遺産相続権

    遺産相続権についてご説明します。
  • 遺言 相談

    税理士法人漆山パートナーズでは、相続税、贈与税を抑えながら、しっかりと次世代への財産...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続に関する知識、手続についてご紹介しています。配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
配偶者居住権をはじめとした遺贈 相続の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。