千代田区、四谷の遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「相続税 法律」税務相談・無料相談・電話相談

遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律に関するご相談をお受けしております。

「相続税 法律」税務相談・無料相談・電話相談

遺産相続 調停

遺産相続 調停
遺産相続で揉めた場合には、私たち税理士が代理人になることはできません。税理士法人漆山パートナーズでは、提携先の漆山加代子法律事務所をはじめとする相続に強い弁護士が相続の代理人を担当します。

分籍届

分籍届
分籍届とは、届出をした人が現在の戸籍から抜けて、届出人を筆頭者とする新たな戸籍を作るための届出ことです。

相続人

相続人
「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。

相続トラブル

相続トラブル
相続トラブルを防ぐには、生前に遺言書の作成を行っておくことが最も有効です。

遺言書による円満解決

遺言書による円満解決
遺産相続では、基本的に遺言書があったほうが良いとされています。法定相続人や法定分割が定められているのは、あくまで遺言書がない場合の措置です。

未成年 相続

未成年 相続
未成年の子が相続人になった場合には、法定代理人か特別代理人がその子の代わりに遺産分割協議を行います。

兄弟姉妹が相続人の場合

兄弟姉妹が相続人の場合
民法では、相続人になれる「法定相続人」が規定されており、法定相続人には順位が定められています。子・孫等の直系卑属(第1順位)、父母・祖父母等の直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹・甥姪(第3順位)、の順位で相続人となり、配偶者は常に法定相続人です。

実質所得者課税

実質所得者課税
所得税、法人税等において、資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単なる名義人であって、その収益を享受せず、その者以外の者がその収益を享受する場合に、その収益が、これを享受する者に帰属するものとみなして課税すること。

仕入税額控除

仕入税額控除
仕入税額控除の適用を受ける場合には、課税仕入れ等の内容及び取引価額等を記録した帳簿又はこれらが記載された請求書等の保存が必要とされる(消税三〇)。

相続税 法律

相続税 法律
税理士法人漆山パートナーズは、「相続税 法律」のご相談にこれまで豊富な経験がございます。ご相談者にとって真の意味での解決策を多方面から検討し最適な方法及び税務業務の提供をお約束します。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 贈与税とは

    贈与税は、民法第549条の贈与契約に基づき取得した財産に対して課される税金です。1年...
  • 代襲相続

    代襲相続とは、被相続人の子供が死亡したなどの場合に、その死んだ子の子、つまり被相続人...
  • 相続放棄による影響と手...

    ご家族が亡くなってしまった時、相続の手続きを行うことになります。相続手続きでは、相続...
  • 生前贈与 税率

    生前贈与の税率についてご説明します。
  • 事業再生

    経営不振で資金繰りが破綻し銀行への返済が滞りそうになったら、まずは、銀行に対して事業...
  • 相続相談は千代田区の税...

    相続に関するお悩みの解決には相続問題に強い税理士に依頼することが問題解決への最善策です。
  • 遺産分割 税金

    遺産分割 税金についてご説明します。相続の開始があったこと(被相続人の死亡)を知った...
  • 戸籍 相続

    相続人を確定するために、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式が必要となります。
  • 暦年贈与(暦年課税制度)

    相続の対策をするにあたって、よく使われる手法の一つが、「生前贈与」と呼ばれる方法です...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律に関する知識、手続についてご紹介しています。遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
遺産相続 調停をはじめとした相続税 法律の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。