千代田区、四谷の相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「戸籍謄本」税務相談・無料相談・電話相談

相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本に関するご相談をお受けしております。

「戸籍謄本」税務相談・無料相談・電話相談

相続 必要書類

相続 必要書類
相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

分籍届

分籍届
分籍届とは、届出をした人が現在の戸籍から抜けて、届出人を筆頭者とする新たな戸籍を作るための届出ことです。

検認

検認
遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類がありますが、そのうち公正証書遺言以外の遺言書に関しては、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、内容の確認と開封を請求する必要があります。

相続 不動産登記

相続 不動産登記
相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続き(相続 不動産登記)といいます。

相続人

相続人
「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。

特別縁故者

特別縁故者
特別縁故者とは、相続が開始した時に被相続人に法定相続人がいない場合に、特別に相続を受ける権利が発生した人のことをいいます。

遺産相続 不動産

遺産相続 不動産
遺産相続 不動産について相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

数次相続

数次相続
数次相続とは、被相続人の遺産相続が開始した後に、遺産分割協議や相続登記を行わないうちに相続人の一人が死亡してしまい、次の相続が開始してしまうことをいいます。

改製原戸籍

改製原戸籍
戸籍法の改正によって、戸籍の様式などが変更され新しい様式の戸籍に書き替えられましたが、改製原戸籍とは書き替えが行なわれる前の戸籍のことをいいます。

不動産の名義変更

不動産の名義変更
不動産名義を変更しないと、後々トラブルになることがありますので、できるだけ速やかに行ってください。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • マネジメントサポート

    税理士法人漆山パートナーズのマネジメントサポートは、貴社の経営力、決算書分析などを通...
  • 贈与税

    贈与税は受贈者(=贈与を受けた人)が、その年の1月1日~12月31日までの1年間に、...
  • 配偶者控除

    所得税法上、所得が一定額以下等の要件に該当する配偶者を有する者について、その者の所得...
  • 相続 養子

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本来の血縁のある親子...
  • 遺産分割協議証明書の利...

    ■遺産分割協議証明書の利用が適しているケース
  • 遺言書による円満解決

    遺産相続では、基本的に遺言書があったほうが良いとされています。法定相続人や法定分割が...
  • なぜこのような書類が必...

    なぜ、各種相続手続きにおいて、遺産分割協議証明書などが必要になるのでしょうか。
  • 分割協議

    財産の調査が終わり、各相続人が「単純承認・限定承認・相続放棄」のいずれかを選択した後...
  • 再婚 相続

    再婚した場合の相手の連れ子は、養子縁組をしなければ相続人ではありません。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本に関する知識、手続についてご紹介しています。相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続 必要書類をはじめとした戸籍謄本の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。