相次相続控除をはじめとした財務書類 作成に関する手続き、その他の事業承継、企業再生、M&Aのご相談は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

税理士法人漆山パートナーズ(東京都/千代田区)

  • a

「財務書類 作成」法律相談・無料相談・電話相談

相次相続控除をはじめとした財務書類 作成に関する知識、お手続きについて御紹介します。相次相続控除をはじめとした財務書類 作成に関するご相談なら税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。

「財務書類 作成」法律相談・無料相談・電話相談

申し訳ありません。
現在,財務書類 作成に関する記事は一時的に掲載しておりません。

「財務書類 作成」法律相談・無料相談・電話相談

相次相続控除

相次相続控除
相次相続控除とは、一度目の相続で財産を得た人が、その財産を得てから10年以内に亡くなってしまった場合、二度目の相続で財産を得る人は一定金額を控除できるという制度のことを指します。

民事再生

民事再生
民事再生は、裁判所の管理下で、債権者との交渉により債務を縮小する代わりに、経営不振に陥った会社の事業を再生するための法的整理です。

遺留分 計算

遺留分 計算
遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。

戸籍 相続

戸籍 相続
相続人を確定するために、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式が必要となります。

改製原戸籍

改製原戸籍
戸籍法の改正によって、戸籍の様式などが変更され新しい様式の戸籍に書き替えられましたが、改製原戸籍とは書き替えが行なわれる前の戸籍のことをいいます。

相続分の譲渡

相続分の譲渡
相続人が複数いる場合には遺産分割協議を行ないます。

相続 寄与分

相続 寄与分
民法では相続人のうちに特別の貢献があった者は、遺産分割において、法定相続分を越える遺産を相続できると定めています。これを相続寄与分と言います。

みなし法人課税

みなし法人課税
青色申告書を提出している居住者で不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営むものにつき、その者の選択により事業主の配当所得とみなして他の所得と総合して課税し、配当控除を適用するという方式により、所得税を課税する制度。

相続財産

相続財産
相続を進めるにあたっては、相続財産全体を把握し目録化することが必要です。

損失の繰戻還付

損失の繰戻還付
その年の所得金額(益金の額)から控除しきれないものを繰り戻して前年の所得額から控除し、税額を計算しなおして余った税額を納税者に還付すること。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 医療費控除

    所得税に関する所得控除の一つ。
  • 監査役

    監査役は、株主総会で選任され、取締役及び会計参与の業務を監査(監督、検査)する者(機...
  • 相続 限定承認

    限定承認とは、相続の承認方法の一つです。
  • 形見分け

    形見分けとは、故人の愛用品や思い出のものなどを近親者や友人などに分けるもので、故人と...
  • ライフプランニング

    税理士法人漆山パートナーズでは、会社の福利厚生としてのライフプランサポートをご提案し...
  • 相続人

    「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。
  • 自社株対策

    自社株の価格をコントロールするとは、つまり利益水準を調整して株価を引き下げてから承継...
  • 後継者育成

    税理士法人漆山パートナーズのマネジメントサポートプログラムでは、 ■専門家による定期...
  • 不動産の名義変更

    不動産名義を変更しないと、後々トラブルになることがありますので、できるだけ速やかに行...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相次相続控除をはじめとした財務書類 作成に関する知識、手続についてご紹介しています。相次相続控除をはじめとした財務書類 作成に関する知識は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。
相次相続控除をはじめとした財務書類 作成の相談事例、手続についてご紹介しています。