千代田区、四谷の相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本に関する手続き、お悩みは税理士法人漆山パートナーズ にご相談ください。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

「戸籍謄本」税務相談・無料相談・電話相談

相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本に関する知識、お手続きについて御紹介します。千代田区、四谷の相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本に関するご相談をお受けしております。

「戸籍謄本」税務相談・無料相談・電話相談

相続 不動産登記

相続 不動産登記
相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続き(相続 不動産登記)といいます。

不動産の名義変更

不動産の名義変更
不動産名義を変更しないと、後々トラブルになることがありますので、できるだけ速やかに行ってください。

特別縁故者

特別縁故者
特別縁故者とは、相続が開始した時に被相続人に法定相続人がいない場合に、特別に相続を受ける権利が発生した人のことをいいます。

改製原戸籍

改製原戸籍
戸籍法の改正によって、戸籍の様式などが変更され新しい様式の戸籍に書き替えられましたが、改製原戸籍とは書き替えが行なわれる前の戸籍のことをいいます。

相続 必要書類

相続 必要書類
相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

相続人

相続人
「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。

遺産相続 不動産

遺産相続 不動産
遺産相続 不動産について相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

分籍届

分籍届
分籍届とは、届出をした人が現在の戸籍から抜けて、届出人を筆頭者とする新たな戸籍を作るための届出ことです。

検認

検認
遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類がありますが、そのうち公正証書遺言以外の遺言書に関しては、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、内容の確認と開封を請求する必要があります。

数次相続

数次相続
数次相続とは、被相続人の遺産相続が開始した後に、遺産分割協議や相続登記を行わないうちに相続人の一人が死亡してしまい、次の相続が開始してしまうことをいいます。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 遺産相続 調停

    遺産相続で揉めた場合には、私たち税理士が代理人になることはできません。税理士法人漆山...
  • 相続 寄与分

    民法では相続人のうちに特別の貢献があった者は、遺産分割において、法定相続分を越える遺...
  • 株主配分

    株主配分は、企業が得た利益を配当や自社株買い等で株主に配分することをいう。
  • 遺産分割協議書の作り方...

    遺産分割協議書の作り方には、ポイントがあります。■記載しなければならないポイント
  • 相続方法

    相続方法には、大きく分けて単純相続、相続放棄、限定承認の3つの方法があります。
  • 記帳代行

    会計業務の基本である記帳業務、経理部門がない会社でも会計事務所に任せることで滞りなく...
  • 遺産分割協議証明書

    遺産分割協議証明書とは│遺産分割協議証明書は1通に全員の署名捺印がなければならない遺...
  • 株式の相続

    銀行預金の相続とは異なり、株の相続手続きはどこに預けているかなどの事情により手続きは...
  • 相続 非課税

    相続税の改正に伴い、相続税がかからない非課税とされる金額(=基礎控除額)が減額されます。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本に関する知識、手続についてご紹介しています。相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続 不動産登記をはじめとした戸籍謄本の相談、手続は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。