相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産に関する手続き、その他の事業承継、企業再生、M&Aのご相談は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。

税理士法人漆山パートナーズ

初回相談料無料 : 03-5213-3832

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

税理士法人漆山パートナーズ(東京都/千代田区)

  • a

「オリンピック 不動産」税務相談・無料相談・電話相談

相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産に関する知識、お手続きについて御紹介します。相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産に関するご相談なら税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。

「オリンピック 不動産」税務相談・無料相談・電話相談

申し訳ありません。
現在,オリンピック 不動産に関する記事は一時的に掲載しておりません。

「オリンピック 不動産」税務相談・無料相談・電話相談

相続 限定承認

相続 限定承認
限定承認とは、相続の承認方法の一つです。

法定相続人以外の相続

法定相続人以外の相続
一般的に相続は配偶者、直系卑属(被相続人の子や孫)、直系尊属(被相続人の父母や祖父母)、兄弟姉妹などに対して行なわれますが、遺言書で定めた場合や、相続欠格、相続人の排除、法定相続人の死亡で法定相続人がいない場合などには、法定相続人以外の人への相続も行なうことができます。

資金繰り

資金繰り
資金繰りはキャッシュの流れを把握し、資金ショートを予防するために絶対必要なものです。

不動産 独立開業

不動産 独立開業
税理士法人漆山パートナーズは、「不動産 独立開業」のご相談にこれまで豊富な経験がございます。ご相談者にとって真の意味での解決策を多方面から検討し最適な方法及び税務業務の提供をお約束します。

遺産相続 不動産

遺産相続 不動産
遺産相続 不動産について相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

相続 保険

相続 保険
被相続人が死亡したことにより相続人が受け取る死亡保険金も相続税の対象です。

よくある質問

よくある質問
最近よくある質問が、仮想通貨の確定申告に関することです。

相次相続控除

相次相続控除
相次相続控除とは、一度目の相続で財産を得た人が、その財産を得てから10年以内に亡くなってしまった場合、二度目の相続で財産を得る人は一定金額を控除できるという制度のことを指します。

仮想通貨で確定申告が必要となるケース

仮想通貨で確定申告が必要となるケース
仮想通貨の取引をしている場合、確定申告をしなければなりません。 しかし、取引をしている人全員が行う必要はありません。

相続税 非課税

相続税 非課税
相続税の改正に伴い、相続税がかからない非課税とされる金額(=基礎控除額)が減額されます。

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けする事例・基礎知識・用語等

  • 実質所得者課税

    所得税、法人税等において、資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単...
  • 相続 限定承認

    限定承認とは、相続の承認方法の一つです。
  • 遺産相続 所得税

    遺産相続 所得税については、相続により財産を取得した個人が、相続の開始があった日の翌...
  • よくある質問

    最近よくある質問が、仮想通貨の確定申告に関することです。
  • 無申告加算税

    申告納税をすべき者が期限内に申告をしなかったことによって課される税
  • 相続財産

    相続を進めるにあたっては、相続財産全体を把握し目録化することが必要です。
  • 危急時遺言

    危急時遺言とは、危急の事態に陥ってしまった遺言者が口頭で遺言をし、証人がそれを書面化...
  • 未成年 相続

    未成年の子が相続人になった場合には、法定代理人か特別代理人がその子の代わりに遺産分割...
  • 分籍届

    分籍届とは、届出をした人が現在の戸籍から抜けて、届出人を筆頭者とする新たな戸籍を作る...

税理士法人漆山パートナーズでよくお受けするご相談関連ワード

相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産に関する知識、手続についてご紹介しています。相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産に関する知識は税理士法人漆山パートナーズにお任せ下さい。
相続 限定承認をはじめとしたオリンピック 不動産の相談事例、手続についてご紹介しています。